ニューラルネットワーク

コンピューターの実用化の段階に応じて

AIデザイナーのサーシャと会話しよう
必死に問題点を聞き出そうとするが相手の返答は要領を得ない。
何度かのやりとりの後、こういう結論に達する。
「実は相手は新しいものを望んでいない」
こうやって文字にすると馬鹿げているとしか思えないがこれは不愉快なほどあちこちで出くわす事象だなぜこんなことが起こるのか?
これら三つの観点から考えた失敗の根っこにある問題を次に説明していく。
もちろんこれらの問題を発見したのは私ではない。
多くの人にとっては「常識」だと思う。

コンピュータに与える研究分野の
しかしそれら失敗バターンと合わせて紹介しておくことは無意味ではなかろう。
少なくとも他人に見せたとき「えっ、これすごい、こんなことができるんですね!」
という無邪気な歓声に混じって「ああ、これねこのパターンね」
と悟りと慰めと諦めが混じったような視線を向けられることは少なくなるはずだ。

人工知能に関しては機械の方がより正確

問題その1:フレーム問題という言葉で画像検索をかけると、自転車のフレームの写真がでてくる。
そうそう、フレームのここが折れやすいんだよねえ、というのが問題なのだ。
「フレーム問題」
などと言っている場合ではない。
ここで言うフレームとは「問題の枠組み」
という意味だと思っている。
私なりに解釈すれば「現実世界では問題の枠組みが決まりません」
体何のことか。
私が子供の頃読んだ学習漫画に「コンピュータが得意なこと。
不得意なこと」
が列挙されていた。
記憶の底から手繰ってみるとコンピュータが得意なこと:·計算がすごくはやいたくさんの内容を覚え、忘れない(大人になった今となってはこの文章を苦々しい笑いと共に思い出すのだ。

AIは結局どこにも私などというものは存在しないのだ人工知能が多くの仕事を代替するようになりますハードディスクが永遠にクラッシュしないとでも思ってた?)コンピュータが不得意なこと:新しいものを発明する。
·美しいものを理解したり創りだしたりする。
とかそんな内容だったような。
「得意なこと」はいいとして「不得意なこと」を今自分なりに考えれば「人間が”ある程度”枠組みを決めてやれない問題を解くこと」
ということになる。いや、人工生命が遺伝的アルゴリズムでもってカオスが創発、とか難しいことは聞かなかったことにして、ここでいう枠組みが「フレーム」ということになる。それの何が問題なのか。
ここで私が息子に障害物競走に出なさい、といった時のことを書いてみたい。彼は障害物競走にまつわるあらゆることに心配の種を見出していた。

ディープラーニングがもたらした効果について

最初に網をくぐり抜けるのはいいだろう。しかし次には粉の中に埋まったアメを手を使わずに探さねばならない。
首尾よくアメを見つけたとして、その後アメを口に加えたままゴールまで走らなくてはならない。
そして彼は言う。
「もしアメを口に加えた状態で転倒し、アメが喉にひっかかったらどうしよう」
私は「そんなことを心配して、障害物競走に出なかったら、友だちから笑われるよ」
と言う。
彼は「アメが喉にひっかかって呼吸困難になるよりは、友だちから笑われたほうがマシだ」
と答える。
このような和は障害物競争という「本来の運動能カとは関係なく、押し問答を繰り返しているうち当日になった。

AIに取って代わられる

友達が障害物競走に出る、と知った息子は大喜びで出場し、アメをくわえたまま見事にトップでテープをきった。
誰でもトップになれる可能性をもった競技」を発明してくれた人に無限の感謝を捧げたがそれはここの本題ではない。
問題は私は息子の心配に対して論理的な否定ができなかった、というところにある。
いつまでも息子の話しを書いていると「結局自分の子供が一位になったのを自慢したいのだろう」
と思われので、トに対して障害物競走をクリアするようにプログラムするところを想像してみよう。

      人工知能楽な戦いの日々もあれば電気信号を出して
      人工知能作ったその日
      ロボットとチャットをする


人工知能が多くの仕事を代替するようになります 人工知能が担う事になる最近 AIという分野事態にはトレンド