健康に及ぼす影響を知り賢く

治療に用いる場合には

24時間心電図や運動負荷心電図をとりますそのほか血液検査をして

このような症状で病院に行くと、精神科へ回され、いとも簡単に抗うつ剤、精神安定剤、睡眠剤などを処方医師やカウンセラーが低血糖症について知らなかったことで、精神病になってしまうのですこれは大変に危険なことです。原因を深く探ることもなく、簡単に投薬で済ませられる問題ではありません。食事を見直すことなく薬を飲んでも治るわけがなく、よって長期にわたり薬をのまざるを得ない状況に追いやられるわけです。また、薬の副作用についても言及されません。低血糖症そのものよりも、薬の副作用の方が重要な課題だと思われます。

治療で有名な病院で診てもらいたいと思うでしょう

さて、低血糖症の精神的苦しみは、なぜ、こう言い切れるか!?この地獄を私が体験したからですとても言葉で言い表せないほどにつらく、まさに生き地獄です。さて、ここでは主に精神的な面と精神病薬について、取り上げてお話ししたいと思います。巷では、本当に驚くほど多くの人々が精神的な病で苦しんでいるとともに、投薬によってさらに苦しんでいる人たちが想像以上に多くいるからですもちろんその前に、突然ムカつく、キレるといった事があり、それが引き金となり犯罪に結びついている現状もあります。このことも大変重要な問題ですが、どうも氣分が落ち込む、眠れないなどの症状で安易に心療内科を訪れている現実は、さらに危険この上ないものです。ほとんどの方が、精神病薬の副作用について、余リにも知らなさ過ぎます。

 

医学書の説明では表しかないと思い込む年期ウツ症状のひとついくつかの病院のデータをみてみると

女性の体にたくさんの恩恵をもたらしているエストロゲンですが、実はこれが子宮内膜症の原因となる内膜組織の増殖を助ける作用や、筋腫を大きくする作用があることがわかってきました。なぜそんな作用がおこるのかはよくわかっていないのですが、エストロゲンの影響が大きいということは、いまやまぎれもない事実でしたがって、妊娠してエストロゲンの分泌量が抑えられると一時的に子宮内膜症が治りますし(筋腫では小さくなる説、逆に大きくなる説の両方があります)、閉経を迎えてエストロゲンがほとんど分泌されなくなると、内膜組織の増殖がなくなったり、筋腫が小さくなったりして、いずれの病気も症状が改善します。ただし筋腫の場合、一度できてしまったものは、萎縮して小さくなるものの、完全になくなるということはありま昨今、子宮内膜症や子宮筋腫の患者さんが増えてきたといわれています。きちんとした統計があるわけではないので、「おそらく増えているだろう」という推測ですが、この背景として、妊娠·出産率の低下があげらかつては5人、6人、あるいはもっと子どもがいるというのが、あたり前の家族の姿でした。つまり、妊娠期間を40週とし、授乳期間も考えると、5人子どもがいたら、少なくとも5年弱は月経のない期間(エストロゲンの分泌が抑えられている期間)があったわけです。

治療が安心です子どもが10人いたら、9年ぐらい。女性の妊娠できる期間をかりに20年としたら、半分ぐらいは月経がない計算になります。このように、月経がない期間が現在と比べて短かったから、かった。こんな考え方もできるわけです。昔の女性は子宮内膜症や子宮筋腫になりにくいろいろな研究が進んできて最近では、子宮内膜症や子宮筋腫の原因は、エストロゲンのほかにもあるといわれています。そこで次からは、子宮内膜症、子宮筋腫を分けて、病気の原因、また不妊との関係について、見ていきたいと思います。

病気というものにかかったことがありませんそのため
ストレスが重なり再発した息子もうよくなったからと

ガン0期といわれます

そうした時間を定期的にもつようにするとストレスはだんだんうすらぐはずです。デイケアや作業所に患者さんが通う利点のひとつは、本人と家族とが別々の時間をもてるからであったことも思い出してみてください。★家族は自分の友人関係を大切にして、話を聞いてもらったり、交流をするなど、自分自身が楽しめることをします。自分が楽しむことは不謹慎であるとか、患者さんを「ないがしろ」にしているのではないかと考えるのは間違いです。患者さんのためにも、ご家族は自分自身を幸せにするべきなのです。うつ病はほとんどの場合


薬は空腹時に飲むなどしましょう

★地域の援助サービスや、相談窓口など、精神的なバックアップを自ら積極的に求めましょう。待っているだけでは得られません。★家族のストレスは「患者さんのため」という形をとっていますが、実際のところは別のことが要因になっている場合が多いものです。こういったストレスを解決するには、一度、自分の気持ちを冷静に整理してみることも必要です。ストレスで傷んだ脳は、深い眠りで修復しましょうストレスの刺激を受けると、脳はさまざまな化学反応を起こし、それは体じゅうに伝わっていきます。