健康を害することになるのですですから

に起こる種の骨の老化現象で

治療を行なうし

そこで医者は血管を広げる薬を処方します。しかも狭心症があると、ほかの病気も併発するので、そちらの病気を抑える薬も出すことになりますこのようにして一つの病気になると、基本的に1種類の薬は一つの症状に対応するだけですから、がふえていき、しまいには10種類近くになったりするのです。私が相談を受けたある人は、狭心症、腎炎、高血圧、胃潰瘍、そして腎臓がんまで患っていました。そのために、それぞれに対処する薬と、眠れないというので睡眠薬と抗不安剤、さらには、いろいろな薬を飲んで胃が荒れるので胃薬まで飲んでいました。狭心症だけなら二、三種類ですむのですが、結局その人の場合には一五種類ぐらいの薬を飲んでいたことになりますもともと狭心症になったのは、無理をして心臓に負担がかかったためです。

病気というかでも

それでも延々ときつい仕事を続ければ腎臓にも負担がかかり、腎炎(腎臓は血液を濾過して尿をつくる器官ですが、このはたらきが阻害されて、むくみや尿の異常、高血圧などの症状が出ます)になったりします。すると高血圧をともないます。この人の場合には、さらに胃潰瘍、腎臓がんにもなってしまったわけですこれは、薬に頼ったばかりに起きる1連の流れなのです。症状を抑えることだけにとらわれるから、「この症状が出たからこの薬、この病気が出たらあの薬」と、薬の種類がどんどんふえていきます。すると薬を処理するために肝臓や腎臓に負担がかかるので、どんどん体調が悪くなります健康な人でも一五種類も薬を飲んでいたら、それだけでからだは参ってしまいます。慢性病は病院では決して治せないすべての薬をやめたほうがいい、病院もできるだけ行かないほうがいいといわれても、みなさん「それで大丈夫なのかな?と心配になると思います。

 

ガン患者の九〇%に感染が認められるピロリ菌ですが

いろいろアドバイスするのではなく、とにかく話を聞いてあげること。これがいちばんの対応です。あくまで「普通」話を聞いて受診をすすめ、それなりの薬を服用してもらったとしても、ストレスの元になっているものを放置していると、出し、再発しないようにするのは、むしろ医師やカウンセラーの役目でしょう。いつか再発します。ストレスの元は、いろいろあります。大切な人が落ち込んでも、カウンセリングまですることはありません。相手の話を否定せずに、「そうだね」と肯定的に聞いてあげるだけでいいのです。

薬やビタミンB複合剤を投与します落ち込んだ人やうつの人にと言ってはいけない、ということは、もう常識になっています。励ましてもいけません。「私がつらかったときは、こうして克服したよ」というのも、実はあまり好ましくありません。「こうして克服した」という体験談は、文脈的に「頑張れ」と言っているのと変わらず、かえってたちが悪いものです。あくまで普通に接するように心がけたいところです。それ以上のことをしようと思うと、周囲も疲れます。「共倒れ」になります。

病気はよくなって
ストレスがたまっている

認知機能が高いことがわかってきましたつまり

そこで脂に溶けへんホルモン用の受信機(レセプター)が細胞の表面に顔を出してます。ホルモンがやってくると、受信機がキャッチをすることで情報が細胞に伝わるんです。やく小学校の終わりか中学生になったくらいのときに、細胞がどういう形をしていて、その中の構造物はこうだって、動物と植物の場合はこうだって学びますねやく染色体がいるだの、核があるだの。もちろんこれが細胞膜だ、細胞壁はここだって。でも、その中にあるいわゆるレセプター的なものというのは、当時教わった記憶がないわけですが。薬で自殺の恐れがあるというショッキングな見出しです


治療となると難しいようである

それは器官の名前というよりは、機能と考えてよろしいんですか先生いえいえ。やく器官ですか先生器官というよりもっと小さいイメージです。受け取る働きをするものが存在している、っていうのが正確かもしれませんやくふーむ。先生細胞の表面の構造物の一つにレセプターがある、っていうイメージです。やくでは脂に溶けるホルモンの場合は、先生脂に溶けるホルモンは細胞膜を通過することができますので、細胞膜を突き抜けて、細胞の中にある受信機が受け取るんです。