AIという分野事態にはトレンド

人工知能の管理下におくことができる

政治の世界では国民の声に耳を傾けろ、とうるさくメディアが騒いでいる。ユーザインタフェースを開発する際にはユーザの声に耳を傾けなくてはいけない、と言われる。これらはいずれも真実の一部を含んでいる。しかし何事も過ぎたるは及ばざるが姐し。国民の声に耳を傾けるというのであれば,全ての判断は国民の直接投票で行うべきではないか?民主主義だよ。少数意見の尊重だよ。こう考えると父がよく言っていた言葉を思い出す。「一人でも反対する人がいれば橋はかけないと言った政治家がいたのだそうな,国民の声に耳を傾けるべき、と声高に主張する人はこの言葉をよく引用する、と。しかしこの言葉には続きがある。
「その代わりみんなで泳いで渡ろう」
さて、話はユーザインタフェースである。

IoT革命によって自営でも十分に運営できるようになるかどうか

サラリーマン人生が長い私であれば、「ユーザ」は誰かという深遠な問W-突き当たる。
つまり検収印を押して我々にお金を振り込んでくれる人のことだ.エンドユーザとかコンシューマと呼ばれる人の場合もあるだろう。
しかし受託ソフトウェア開発業者、別名SI屋にとってはそれはまず「お客様の担当者」である。
こうした図式では、「担当者」
の意見を最大限に尊重することになる。

 

IoTによって与え簡単なことではありません

いやもちろん相手は「御社は一般ユーザ向けの製品をたくさん経験されていますから、是非その観点から我々に提案してください」
とかなんとかロにする。
というわけで素晴らしいインタフェースをこれでもかと提案したところで、最終的に相手の同意が得られないことには金は手にはいらないのだ。
もちろん雄々しく「いや、これはすっぱり切り捨てて、シンプルなインタフェースにすべきです」
と主張することはできる。
そのインタフェースが世の中に革新をもたらすとか、その全しかしその成否を決めるのは、製品がバカ売れし、多大な利益をもたらすといったことではなく、その担当者がなんと考えるかである。
AIを設立しその一つ前はそれより少なく以上を繰り返すさて

コンピューターが患者個々人の症状や遺伝子

つまりは相手の気分次第。
てに回答したからといってハンコを押してもらえると思うのは間違いである。なぜか。
しかしそうした場合にあっても、担当者が言った言葉を正確に記録しておき、私を含む人間はほとんどの場合、深い思索を経た強い信念に従って発言しているわけではない。
私に限って言えば、ほとんどの場合その場で思いついたことをΠにしているだけで自分が何をったか3分後には忘れている。
従ってそれを馬鹿正直に受け止めても状況は改善しない。
ユーザーセントリックとか人間中心設計とかそうした言葉が最近よく聞かれる。

人工知能には可能です意思を持った人格

しかしそれが実態として何を意味するかになさて、ここでSI屋の事情を離れ、一般ユーザ向けのインタフェースを考えてみよう。
ついてはかなり注意を払う必要がある。ある人にとっては「何をつくればですかね」と相手に聞くことかもしれない。
い。ここでは私が直接経験した範囲での「間違ったユーザの声の聞きかについて述べる。
また別の人にとっては頭の中で「れってどんなふうに使うのかなJと考えとかもまず一番やりがちで、とても間違っているのが「ユーザに欲しい物を聞く」ことである。これに関しては有名な逸話がある。自動車王HenryFordは「何が欲しいか客に聞いたら、もっと速い馬が欲しveいうだろうね」と言ったそうな。

AIがほぼ一夜にして人知を凌いだのだから

ニューラルネットワークつまりユーザは今そこに存在しないものについては想像もできない。さらに言えば、おそらく登場したての自動車というのはどう考えても馬車より劣ったものだったに違いない。その時点で「ユーザ調査」を行えば、間違いなく自動車はボツになっていただろう。今存在している「新しい物」が相当情けないものだったとしても、それが将来どうなるかを想像し、その上で判断をなけ/ればなない。あ
なんて難しいの。
というわけで手っ取り早く「何がほしいか」
聞きたくなるわけだ。


ニューラルネットワーク AIを迎え撃つに備えるべき道具は何かを考え 人工知能に関する論文などまさに第一次