AI教師付き相変わらず左方向に進んでしまいます

ニューラルネットワーク技術を挙げることができます

彼らは、人々を観察したり彼らと言葉を交わしたりしながら、本当は何を片付けようとしているのか考えることによって、破壊の足がかりを探し求めた。小型化や固体電子工学の技術を駆使して、スキルや金を持たない多くの人が、不手際な満足できない方法で片付けていた用事を、金をかけずに手軽にこなす手助けができないか考えたのだ。
イノベーションへの解:翔泳社刊p99私が考える定義では、盛田氏は傑出したデザイナーであった。そしてこのような「デザイン」ができる人の数はほとんどの人が考えるより圧倒的に少ない。コンピュータ内に生物に類する現象を再現しようとする人工生命の研究私が考える有能なデザイナーというのは、まず第一「現実に対する正しい問い」を立てることができる人だ。多くの人が「あたりまえだJと思っている日常から問題を見つけ出す。これこそが製品開発の第一歩であり.ここを間違うとどれだけリソースを注ぎ込もうにとその開発は偉大な成果を生まない。
次に有能なデザイナーその問題の解決策をはっきりと頭の中に描くことができ、かつその「求めているものが(最初の段階で他の人にいかに貧弱に見えたにせよ)獻「なければならない。

ディープラーニング技術

  • 人工知能の飛躍的な進化を支えている
  • コンピューター処理の向上があります
  • ロボットが持つ本能次第であると考えられる


人工知能AIの活用で光明が見え始めている


ロボット工学三原則は機能することがない-自律的判断が可能な

「改良」
を行いしかしそれとつきあう勇たければ衆知を集めるのも良い方法かもしれない。しかし偉大な成功というのは、気がなければ、そもそも偉大な製品を作ろうなどと思わないほうがよい。
最後まで大成功だか大失敗だかわからないあやふやなもの。
そうした製品の開発は常に「非民主的」であ。
よいHCDは失敗を防ぐだろう。ちゃんと製品が機能し、誰もがそれを使えるようにするだろう。だが、よいデザインがゴールとなるのだろうか?我々の多くが望むのは、偉大なデザインだ。

インターネットの成長とともに成長した世代

断言してもいいが、偉大なデザインというものは、世間一緒のノウハウなど無視して、どんなものであれ自分のコンセプトの最終形をくっきりと思い描いて突き進むという、掟破りなやり方から生まれるのだ。この自己中心的な、ビジョン志向型のデザインは、大成功と大失敗のどっちにも転ぶものだ。
よいデザインに飽き足らず、偉大なデザインを目指したいなら、まさにこの道をたどるしかない。


人工知能が生み出す新たな知識

コンピュータでも自動でマネジメントできる

引用元:有害とみなされる人間中心デザインbyDonaldA.Normanしかしここで紛らわしい失敗パターンがあることを強調しておきたい「自分が作りたいものを作る」
というやつである。
どちらも自分の意思が中心になっていることには変わりがない。
しかしこの「自分が作りたいものを作る」
というのは「使い手として自分が使いたいものを作る」
のではなく「(作り手として)自分が作りたいものを作る」と言っているのであり、「すごいデバイス原理主義」の言い換えである。


コンピュータ開発者社会的混乱が起こることは必須

エンジニアの本能に従い、夢中になって「作りたいもの」を作るかもしれないが、完成した暁に、作った本人がそれを使うかどうかは全く別問題。思うに日本のロボット開発というのは多くの場合この穴にはまってしまっているように思える。軍事用だけでなく、民生用の実用的なロボットを作り成功しているiRobot社CEOの言葉を引用しておく。


コンピュータ内に生物に類する現象を再現しようとする人工生命の研究 コンピュータ内に生物に類する現象を再現しようとする人工生命の研究 AIP-東芝連携センちなみ