7月 08 2013-05-07

分譲賃貸マンションの選び方を考える

 分譲賃貸マンションの賃貸と分譲のどこが違うのだろうか比較してみようと思う。

マンションを比較する時のポイントがある。

当たり前の事だが最も重要な事は、物件を買うのか否かが重要である。

よく考えてみたら、買うほどの事はなかった。

借りることで十分だったということがあるかもしれない。

分譲賃貸マンションの両者について、そのメリットとデメリットを考えてみましょう。

分譲マンションのメリットは、まず、家賃がいらないこと。




そして、一括で購入するよりローンが多いだろう。

そのローン返済後は家賃が発生しない。

また、ローンを支払う事ができれば、マンションは資産として不動産が残る。

そして先ほど言った通り家賃は支払わずに済む。

マンションを購入してしまえば、賃貸より自由度が高い。

自分で自由に内装が変えることが出来る。

購入物件は、賃貸物件よりも設備、建材、住環境などともにより良い物が手に入れられる。

マンションを取得したことによって、減税などの各種優遇措置がある。




 デメリットは、ハイリスクな取引で不景気で給料や収入が落ちて、住宅ローンの返済ができなくなり家を手放すという事もあり得るということがある。

また賃貸の様に直ぐに家を移り変わることが出来ないということ。

分譲マンションでは大規模な修繕が必要な時がある。

その修繕費の積立などがない場合、特別な出費を求められる場合がある。

分譲賃貸マンションの選び方にはコツが必要である。

最低限の基礎知識が押さえて置かなければならない。

No responses yet

|

Leave a Reply